カテゴリー「iPad/iPod」の3件の記事

SOUND Canvas for iOS

例によって久々の更新です。
気が付けば、今年も残すところあと3週間となりました。

Sci_4

「SOUND Canvas for iOS」

この情報を最初に知ったのは、
このブログにも何度もコメントをいただいている
FMIDI時代からのお友達のさかもとさんからのメールでした。
楽器フェアでも発表されたようで、ネットにも関連情報が
たくさん上がっていますが、一言で言ってしまえば、
SC-88ProのiOSアプリ版ですね。
この分野ではKORGが一足先に行っている印象があるのですが、
遅ればせながらRolandもKORGとは少し違う切り口で
追いかけてきたかという感じがしました。

現段階でわかっているスペックは次のようなものです。

音色数:1600
同時発音数:64
パート数:16パート(iOSのcoreMIDIの制限)
インサーションEFX搭載
音色マップ:
SC8820, SC88Pro, SC88, SC55, GM2, CM64(PCM), CM64(LA )

Sci_5

SMFプレーヤー内蔵

SC-88Proの実機が32パート(MIDI2ポート)
だったのでちょっと物足りない気もしますが、
これはiOSの仕様からくるものですので仕方ありませんね。
ただ、最大同時発音数は64を確保していますし、
ハードの演算処理などは当然、
当時よりも格段に向上していますから、
例えばリバーブをはじめとするエフェクトなどは
実機より高品位なものになってるようです。

しかし、この音源の位置付け的に
最も重要なものの一つは、やはり
なんといっても過去に実機を元に
制作したMIDIデータの「再現性」でしょう。

で、その「再現性」ついてですが、
これは、現段階でもかなりのレベルに
達していると言っていいと思います。
というのも、実は開発中の「SOUND Canvas for iOS」で
自分のMIDIデータの再生チェックをさせていただくことできたからです。
過去にサウンドキャンバスシリーズをモデルに、
あるいは意識したと思われるようなソフトウェア音源は
VSC、TTS-1、HyperCanvasなどいくつかあったと思いますが、
いずれも「なんちゃってSC-55」という感じで、
到底、実機の代わりになり得ないものでしたが、
今回のこの「SOUND Canvas for iOS」は、
それらとは一線を画す製品になっていて、
少なくとも自分のMIDIデータの再現性については、
90点ぐらいをあげられる出来になっています。

100点満点ではないのは、もちろん実機での再生と
全く同じというわけではないからですが、
それは、先に書いた演算処理の向上などで
全体的にサウンドがクリアになっていると
いった影響もあるようで、製品の評価として
必ずしも「マイナス」とはなっていないと感じます。

Sci_3

むしろ、少しだけ気になるのは、
要求スペックが若干高いようで、
iPhoneなら、5以降、iPad miniならRetina以降、
iPadは第4世代以降が要求されるみたいですね。
iPod Touchは性能的に無理なようです。

というわけで、この先どこまで完成度を
上げてくれるのか、楽しみに見守ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子書籍など

Book

電子ブック、デジタル書籍、デジタルブック、
などなど、いろいろ呼び方はあるようですが、
いわゆる電子書籍に抵抗のある
人って結構多いのではないでしょうか。
うちのかみさんは大の本好きですが、
やはり「本は紙でないと」という人です。
目への影響(疲労など)という点もあるでしょう。

僕も漠然とした抵抗感がありました。
ただ、ここ数年、読書の機会が減っている大きな
理由の一つに「小さな文字が読めなくなった(涙)」
という事があって、過去にも
「モニターと解像度と目の関係」
という記事に書いた事があります。
実は電子書籍は、この問題に関しては
割りとあっさりと解決してくれるのです。
例えば、昨日紹介した「ドラえもんの秘密」だと、
文字サイズを指定の範囲内で任意に指定できます。
また、僕は青空文庫*の作品をいくつか
PDF化してipadに入れているのですが、
これを読むのに使っているSideBooksという
アプリは、ピンチ操作で文字の大きさを
簡単に調整できます。

*著作権の消滅した作品を数多く提供
 してくれているインターネット上の電子図書館

PDFに関して言えば、普段使っている
DAWやプラグインなどのマニュアルはPDFで
提供される事がほとんどだったり、
自宅の家電製品の説明書なども検索が使えて
便利なので、PDFで見る機会のほう多かったり
する事から、PDF閲覧は今回のタブレット購入の
動機の一つにもなっていたのですが、
この点でもかなり満足しています。
やはり、読みたい時にさっと取り出して読める
のは大変便利です。

大量のPDFをipadに入れておく事に抵抗があるなら、
dropboxなどを利用してWeb上に保管しておいたり、
あるいはFile Explorerを使って、デスクトップパソコン
に保存してあるものをipadから閲覧するという方法
もあります。その際に必要ならPwer Managerなどを
使ってipadからデスクトップパソコンの電源を
コントロールする事ができます。
これらの使用にはWi-Fi*環境が必要ですが、
今時の無線ルーターは普通にWi-Fiに対応して
いたりするので、現状のままで使用できる
場合も多いのではないでしょうか。

*Wi-Fi Alliance によって無線LAN機器間の相互接続性を
 認証されたことを示す名称、ブランド名

ちなみに僕が使っているPDFリーダーの
SideBooksは軽快なだけでなく、dropbox
との連携機能が最初から搭載されていて
dropboxのアカウントを持っていれば、
すぐにでもipadへのファイル転送が行えます。
また、ページめくりのアニメーションエフェクトなども
付いていて(オンオフ可)、味気ないPDFリーダーじゃ
つまらないという方にもおススメできます。
そして、これだけの性能のアプリが
なんと、無料で提供されているのです。

と、いい事ばかりを書いてきましたが、
もちろん問題点もあります。
まだ使用期間は短いですが、感じた事をいくつか。

やはり、紙に印刷されたものを読むより目は疲れます。
特にテレビ同様、暗い部屋で見る場合にそれが顕著です。
それから重さ。600gちょいと、ノートPCなんかとは
比較にならない位に軽いのですが、
それでも片手で持つと結構重量感があります。
例えば、仰向け状態で片手でベゼルだけを持って
本体を保持するのは現実的ではありません。
そして、便利に使うための共有や連携機能などの
設定には若干の知識が必要だという点。
決して難しい事はないのですが、躓いた時に自分で
ネットなどを調べて問題を解決するための
ちょっとした努力が必要です。

と言うわけで、1年に1度だったブログ更新を
あっさり2日連続で更新しつつ、今回はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年に1回しか更新しないブログ?

みなさん、こんにちは。

前回1年ぶりの更新をしたわけなんですが、
なんと、あれから、またまた1年が経過して
しまいました。
1年に1回という驚くべき更新ペースとなっております。
(コメント欄への書き込みを含めれば、
完全に空白というわけではありませんが)
子育ての中にいるとあっという間に月日が
流れていくものだとつくづく感じます。
この記事も二人の子供を寝かしつけてから
書き始めました。

さて、そんな慌しい生活の中、
今回のブログ更新のきっかけとなったのは
先月タブレットPCを購入した事でした。
自分には必要の無いもの(スマホも持ってません)
だと、これまで購入を検討した事もなかったのですが、
そこそこ使えそうな音楽アプリがipadに存在する
事を知って興味を持ち始め、先月、
新型ipad(第三世代)の発売で現行のipad2の価格が
下がったのを機に興味半分で購入してみたのです。
ipadにしろ、Androidにしろ、既にタブレットを
使ってる人にとっては今更感ありまくりだと思いますが、
初タブレットの僕は、実際に使ってみて驚きましたね。
軽いカルチャーショックを受けるくらいに
よく出来たアイテムでした。

Ipad2__4


詳しい事はブログの更新も兼ねて追々
書いていけたらと思っていますが、
かつてヤマハのQY10やローランドのPMA-5などで、
モバイル作曲家を夢見た人達(?)にとっては、
一つの到達点となるアイテムになるかもしれません。
かくいう僕もかつてそれを夢見た一人で、
QY20から始まって、次にPowerBook、Windowsノートと
渡り歩きましたが、ipad、そしてその上で動く音楽アプリは、
それらとは明らかに一線を画していると感じます。
もっとも、これから使っていけばいろいろ不満も
出てくると思うんですが、
第一印象としてはすこぶる好印象です。

Qy10_2
YAMAHA QY10
Pma5_2
Roland PMA-5

ちなみに僕が最初に購入した音楽アプリは
NanoStudio と Music Studio の2本です。
あと音楽とは何の関係もありませんが、
電子書籍「ドラえもんの秘密」も買ってみました。
あ、いえ、期間限定で安かったものでつい・・・85円でした。

Nanostudio_3
NanoStudio

Musicstudio_2
Music Studio

基本的なインタフェースが優れているので、
作曲のツールとしての使い道以外にも様々な事に
使えそうな事も収穫でした。
例えば、このブログの更新やメールチェック。
今まではパソコンの前に座らないと何もできません
でしたが、タブレットならうちのどこにいてもできます。

ちなみにiTunes Storeでのアプリ、書籍、楽曲などの購入は
クレジットカードかiTunesカードでのチャージが基本だと
思うのですが、iTunesカードはキャンペーンやセールで
安く購入できる事があるので、
タイミングがよければそれを利用しましょう。
経済的にもまた、セキュリティの面でも、
クレジットカードより安心だと思います。

僕はちょうどイオンで購入額に応じた額面の
iTuneデジタルコード*がもれなくもらえる
というキャンペーンをやっていたので、
10,000円のカードを購入してみました。
http://www.ure-seedcp.com/
ウェブサイトからの申請後にメールでデジタルコードを
送ってくるようです。(10,000円だと2,000円分)
購入期限は5/6まで。

*iTunes Storeアカウントに対象の金額分を
 チャージすることができるコード。

さて、最後になりましたが、
音楽制作方面の近況です。
現在4/28から始まる春の瑞龍寺ライトアップの
ための曲を制作中です。
(ライトアップの書下ろしとしては通算5曲目)
既に最終のミックス段階に入っていて、
今週中には完成予定です。
今回は春らしい穏やかな曲になりそうです。

Zuiryu_2012_
http://ecchu-takaoka.com/

それでは、できれば、近いうちにまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)