« キジ! | トップページ | はじめての執筆 »

アトリエ

Photo_2


電子オルガンと言えば、
ヤマハのエレクトーン(上の画像)、
カワイのドリマトーン、
松下電器のテクニトーン…
その他にもいろいろありましたが、
やはり知名度とシェアではヤマハの
「エレクトーン」がおそらく圧倒的で、
今はもう、その他の電子オルガンは
駆逐されて、生き残っていないのだろう
そう、なんとなく思っていました。

ところが、意外な電子オルガン、
それも日本を代表する大手楽器メーカーが
製造、販売しているシリーズが存在している
事を割と最近知りました。

Photo

それがローランドの
ミュージック・アトリエ」です。
アトリエの伴奏制作を
パソコンで行いたいと、
僕の講座を受講されている方がいて
初めてその存在を知りました。
ちなみにその方のアトリエの機種は
AT-900Cとの事でちょっとネットで価格
調べてみたら軽く100万以上しました。^_^;


動画はアトリエのAT-350Cという機種のもの

ウィキペディアによると、
ローランドが電子オルガン事業に
参入したのは1994年。
業界で一番遅い参入だったみたいですね。
1994年と言うと、SC-88の発売と
同じくらいの時期ではないかと思います。

直接本体を触った事は
まだないのですが、
アトリエのマニュアルから
本体に内蔵されているのは、
GS/GM対応のいわゆる
MIDI音源である事が分かっていますし、
Music Creator 6で制作した伴奏が
アトリエで再生できる事も確認できています。
(ちなみにアトリエ内には伴奏用と演奏用の
計2台の音源が搭載されているようです)

制作した伴奏は、アトリエとパソコンを
MIDIケーブルで接続した上で直接
Music Creatorから再生するか、
プロジェクトファイルをフォーマット0の
SMFで書き出し、USBメモリを経由して
アトリエに読み込ませればOKです。
エレクトーンについては調べていませんが、
おそらく同じような手段で
対応できるような気がします。

ところで、以前紹介した、
MT-90SMT-90Uといった
ミュージックプレーヤーや
今回のアトリエなど、
外部MIDI音源を講座で
扱う機会が結構あるのですが、
僕の手元にはいわゆる、
MIDI音源が今は一台もない事に
時の流れを感じます。
かつてはSCシリーズから
EnsoniqのASR-10Rまで
10台程度所有していたのですが・・・

ポータブルなサイズで、しかも、
USBバスパワーでも動作可能な
SC-8850ぐらいのスペックの音源を
手ごろな価格(実売¥19,800ぐらい?)
で出したら結構売れるんじゃないだろうか?
などと考えたりしている今日この頃です。
(おもちゃとして面白そうなので
少なくとも僕は買いますscissors)

それでは、また。

|

« キジ! | トップページ | はじめての執筆 »

その他」カテゴリの記事

日記・コラム」カテゴリの記事

講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/57936697

この記事へのトラックバック一覧です: アトリエ:

« キジ! | トップページ | はじめての執筆 »