« 瑞龍寺ライトアップ直前 | トップページ | 六大陸まちかど紀行 »

Quantum Leap Symphonic Choirs

久しぶりの更新です。

歌詞を入力して歌わせるソフトウェア音源としては
ボーカロイドが有名ですが、
そのボーカロイドの初代シリーズと同時期に
やはり歌詞を入力して歌わせるという音源に
Quantum Leap Symphonic Choirs」(以下、QLSC)
というのがありました。*
古いソフトだし、知らない人も多いと思うのですが、
個人的には結構気に入っていまして、
ふと、記事にしてみたくなりました。

*当時Kompakt版だったものが、現在PLAY版として
 販売されています。

次の動画を見ていただければ
音源の概要が掴めるかと思いますが、
いわゆるクワイア系の音源で、
「Word Builder」というツール(MIDIプラグイン)を
使用すると入力した歌詞に従って
「合唱」してくれるという機能を持っている音源です。

ボーカロイドのような音声合成システムを
ベースにしたものではなくて、
Kontaktのようなプレイバックサンプラーと
それをトリガーするMIDIプラグインの
組み合わせで歌わせるシステムになっています。
早い話がプレイバックサンプラーに母音、子音
のサンプリングをマッピングしておき、
「Word Builder」が歌詞に対応したノートを
トリガーするという訳です。
結構な力技と言えますね。

日本語には対応していない事もあって
日本語の歌を歌わせるのには
全く向いていないのですが、
デモソングを聴いて、日本語以外であれば、
結構いけるんではないかと、2007年辺りに
アメリカから購入した記憶があります。

特に興味があったのは、特定の言語ではない
「造語」で歌わせる事でした。
というのも、僕は90年代後半に
カール・ジェンキンス 率いる
「アディエマス」という音楽ユニット
にハマっていた時期がありまして、
彼らの作品のような造語の詞の曲を
QLSCを使って作ってみたいと思ったわけです。

当時作った曲の一部を紹介させていただくと…

曲の導入部として試作したもの
---------------------------

あるイベント用に書き下ろした作品
造語には子供たちに明るい未来をという願いを込めました
---------------------------

QLSCとは直接関係ありませんが、
90年代後半にアディエマスのような
造語のボーカル、コーラスが入る事を想定して
作った曲に拙作の「セコイア」があります。
原曲はSC88のみで作ったものだったのですが、
その後、「素敵な宇宙船地球号」サントラ制作が
きっかけで河井英里さんとの出会いという幸運に恵まれ、
「セコイア」そして「ユニバース・ボーカルバージョン」が、
彼女の作詞と歌によって、僕が当初から望んでいた
姿になっていったのでした。
YouTubeにそのユニバースのほうが
アップロードされていたので貼っておきます。

ありがとう、英里さん。

|

« 瑞龍寺ライトアップ直前 | トップページ | 六大陸まちかど紀行 »

DAW・プラグイン関連」カテゴリの記事

作曲」カテゴリの記事

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

山口さんの音世界には宇宙がある。
それは、僕が抱えている宇宙とは違うんだが、とても魅力的。
才能ある人達が寄って来るのは人徳だろうな(笑

投稿: うに | 2013.06.25 12:54

うにさん、こんばんは。
嬉しいコメントありがとうございます。
曲を作っていてどんどん気持ちが入っていくと
ある瞬間から明らかに別の世界、宇宙にトリップ
してると思うんですが、曲作りと言うのは
その世界の探検記みたいなものかなとも思います。
もっとも、それが聴いて下さった人が感じる宇宙と
同じかどうかはわからないのですが。

人徳って(笑)・・・
甘え上手ではあるかもしれません(@_@;)

投稿: 山口道明 | 2013.06.26 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/57554679

この記事へのトラックバック一覧です: Quantum Leap Symphonic Choirs:

« 瑞龍寺ライトアップ直前 | トップページ | 六大陸まちかど紀行 »