« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

DTM音源は今

Top_l_3


昨日の講座での事。
講座開始前の時間にご年配の
受講生の方が音楽関連のものと思われる
製品のマニュアルを持って、
僕の元へやって来られました。

「これで鳴らすデータをMusic Creatorで作れますか?」

マニュアルには「MT-90U」という製品名が
書いてありましたが、少なくともこれまでに僕は
一度も目にも耳にもした事が無い名前でした。
ただ、ローランド製である事、MUSIC PLAYERと
いう文字が書いてある事から、なんとなくピンときて、
取り敢えずマニュアルの巻末を開いてみたところ、
やっぱりありました。

"MIDIインプリメンテーション・チャート"

どうやらこれは楽器練習のための
オケを演奏してくれる「MIDI音源」らしい。

そう言えば、先週から始めた
小勢公民館での講座に来ておられるピアノと
大正琴の教室をお持ちの先生も同じような
機材を持っておられて、当講座を受講された
のもそれを活用するためでもあると
言われていたのを思い出しました。

帰宅後に「MT-90U」でYouTubeを検索して
みると海外のものも含めいくつか引っかかって
きましたが、使われ方として一番わかりやすそう
だったのがこの動画。

中身がマルチティンバーのMIDI音源と
わかれば話は早いです。
かつて同じローランドのSCシリーズを
使い倒してきた身としては、こんなもの
使いこなすのはおそらく朝飯前です。(^_=)
コントロールチェンジはもちろん、
エクスクルーシブも受信するようですし、
僕が持っている知識と経験を
フルに投入できる機材であるとも言えますね。

最初の質問に対する答えはこうです。

「市販されているミュージックデータと同レベル
或いはそれ以上のものがMusic Creatorで作れます」

それにしても既に消滅してしまったのかと
思っていたかつてのDTM音源はこういう形で
子孫を残していたのですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

講座の公式ブログ設置

昨年の講座開講前後から、講座関連の記事をたびたび
書いてきましたが、元々のブログとごちゃ混ぜになって
しまうのを気にしていました。
お陰様で受講生の数も少しずつ増えてきており、
今後関連の記事は増えていく事が予想されます。
そこで、講座専用のブログをbloggerに設置する事にしました。
今後はbloggerの方を講座の公式サイト的な位置付けにして、
講座の紹介はもちろん、受講を検討されている方への情報や
受講生のサポートなどに積極的に活用してきたいと考えています。

はじめてのコンピューターミュージック
http://cocoronooto.blogspot.jp/

今後ともよろしくお願いします。

山口道明

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »