« 講座の公式ブログ設置 | トップページ | MIDIへの回帰 »

DTM音源は今

Top_l_3


昨日の講座での事。
講座開始前の時間にご年配の
受講生の方が音楽関連のものと思われる
製品のマニュアルを持って、
僕の元へやって来られました。

「これで鳴らすデータをMusic Creatorで作れますか?」

マニュアルには「MT-90U」という製品名が
書いてありましたが、少なくともこれまでに僕は
一度も目にも耳にもした事が無い名前でした。
ただ、ローランド製である事、MUSIC PLAYERと
いう文字が書いてある事から、なんとなくピンときて、
取り敢えずマニュアルの巻末を開いてみたところ、
やっぱりありました。

"MIDIインプリメンテーション・チャート"

どうやらこれは楽器練習のための
オケを演奏してくれる「MIDI音源」らしい。

そう言えば、先週から始めた
小勢公民館での講座に来ておられるピアノと
大正琴の教室をお持ちの先生も同じような
機材を持っておられて、当講座を受講された
のもそれを活用するためでもあると
言われていたのを思い出しました。

帰宅後に「MT-90U」でYouTubeを検索して
みると海外のものも含めいくつか引っかかって
きましたが、使われ方として一番わかりやすそう
だったのがこの動画。

中身がマルチティンバーのMIDI音源と
わかれば話は早いです。
かつて同じローランドのSCシリーズを
使い倒してきた身としては、こんなもの
使いこなすのはおそらく朝飯前です。(^_=)
コントロールチェンジはもちろん、
エクスクルーシブも受信するようですし、
僕が持っている知識と経験を
フルに投入できる機材であるとも言えますね。

最初の質問に対する答えはこうです。

「市販されているミュージックデータと同レベル
或いはそれ以上のものがMusic Creatorで作れます」

それにしても既に消滅してしまったのかと
思っていたかつてのDTM音源はこういう形で
子孫を残していたのですね。

|

« 講座の公式ブログ設置 | トップページ | MIDIへの回帰 »

日記・コラム」カテゴリの記事

講座」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
微妙に興味深い話題です、「GS/GM2/XGに対応した348音色128音ポリフォニック」とありますのでGS音源としてはSC-55mkIIに近いのかもしれません、同時発音数が128なのはSC-8850と同等ですが今の機種は頑張らなくてもその程度の処理能力があるって事でしょうか。
伴奏専用機のようですので「ネット経由等で伴奏データを入手して使って下さい」という製品です・・・MIDIデータってお安いですから。
mp3やWAVも再生出来るからプロの演奏をバックに使う事も視野に入っているかも知れません。

MIDIデータって作った人によってクオリティーが変わる事を私達は十分承知してますが、一般的に知られてなかったりします、残念ですが。orz

スタンダードなMIDI再生機がゲーム機なみに普及したりしてプロのMIDIデータ製作者がアーティストとして活躍する世界を夢見た事があったなと、ふと懐かしい気分に。(^^;
長文失礼いたしました、またネ~。

投稿: さかもと | 2013.02.25 18:47

さかもとさん、お久しぶりです。

質問を受けた翌週の講座に実機を
持ってきていただいて、実際に
「MT-90U」を触らせてもらったのですが、
オーディオデータの再生が出来るという
点を除けば、見かけや製品の立ち位置は
異なるものの本質的にはMIDI音源と呼んで
差支えないものでした。
スピーカーとプレイヤー機能を備えた
スタンドアロンな製品となっていますが、
一方ではMIDI IN端子を備えていて、
パソコンからMIDIシーケンサーで
ダイレクトに制御できるようにもなっています。
ただ、同じ128音ポリでもSC-8850が
MIDIポートを内蔵で4ポート(64チャンネル)
備えていたのに対して、
こちらは1ポート(16チャンネル)だけの
ようですので、大きな編成の曲を作るの
は厳しそうです。(というか、そういう
目的の製品ではないわけですが)
音の方はさすがにかつてのSCシリーズよりは
良くなっているように感じました。

おっしゃるようにMIDIデータのクオリティが
打ち込みの技術で大きく違ってくるというのは、
一般の人には理解されてないようですね。
(MIDIとオーディオの違いが判らない人も
少なくないです)

ちなみに僕が開いてる講座の受講生にこの
ミュージック・プレーヤーのユーザーが
二人もいたのにはちょっと驚きました。

投稿: 山口道明 | 2013.02.26 00:40

早速のRESありがとうございます、マメですネ。(^^)

なるほど16chのみなんですね・・・そういう機種で壮大な曲作れる人知ってますけど。(^^)

MIDIデータだと曲のテンポとキーを簡単に変える事ができるので楽器練習には都合が良いです、テンポを落とした正確なリズム上での練習は重要です・・・が私は苦手です。(^^;

投稿: さかもと | 2013.02.26 02:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/56768507

この記事へのトラックバック一覧です: DTM音源は今:

« 講座の公式ブログ設置 | トップページ | MIDIへの回帰 »