« クリエイターは印税暮らしの夢を見るか? | トップページ | 講座体験会終了 »

Music Creator 6の動作確認

Mc6_4
Music Creator 6

「はじめてのコンピューターミュージック」の
講座体験会が明日(10/25)に迫りました。
参加費は無料、事前の申込みも不要で
どなたでも参加できますのでぜひ気軽に
来ていただきたいと思っています。

11/1から正式に本講座をスタートするのですが、
受講を考えてくださって方への情報として
今回は講座で使用するパソコンとDAWソフトに
ついて書いてみたいと思います。

当講座では自分が使用するパソコンを
持参していただく事になっています。
そして、使用するDAWソフトが
「Music Creator6」だという事は以前書きました。
ただ、果たして自分のパソコンで
このソフトが動くのかどうか、
不安に思う方もいらっしゃるのでは
ないかと思います。
ところが、このソフト、いわゆる
"体験版"が存在しないのです。

では、どうやって動作確認をするか?

実は、この「Music Creator6」は
同じCakewalk社の「SONAR X1」を
ベースにして作られていて、
SONAR X1のエントリーモデルと
いって差し支えないものになっています。
実際、インターフェースに共通点が
多いだけでなく、Music Creator6で
作ったプロジェクトファイル(.cwp)を
SONAR X1で読む込む事ができますし、
Music Creator6のスペック内に
収まっているものであれば、
SONAR X1で作成したプロジェクトファイルを
Music Creator6で読み込む事もできます。
そして、このSONAR X1に関しては
Cakewalkの日本代理店であるRolandが
「日本語体験版」を提供してくれています。
つまり、SONAR X1の体験版を
インストールして動作を確認できれば、
Music Creator6もほぼ確実に
動くだろうという目安になるはずです。

Sonar
SONAR X1 PRODUCER

「SONAR X2 PRODUCER」
日本語体験版 のダウンロードはこちら

*X2へのバージョンアップに伴い、
ローランドのサイトからX1の体験版が削除されましたので、
当記事のリンクもX2の体験版に変更いたしました。

DAWソフトの動作確認にあたって
一つ準備しなければならない事があります。
それは音を出すのに必要な
オーディオドライバに関する事です。
Windows標準のオーディオドライバは
DAWソフトで使用するには貧弱で、
複数トラックを再生すると音が途切れたり、
発音の遅れ(レイテンシー)が大きかったりと
音楽を作るには全く物足りません。
ここで必要になるのがWindowsで
音楽制作する上でほぼ業界標準となっている
「ASIO」対応のオーディオインターフェース
なのですが、DAWソフトに加えてオーディオ
インターフェースも購入という事になると
中には負担が大きいと感じられる方も
おられる事でしょう。
そこで、ここでは現状のパソコンの
サウンドシステムを擬似的にASIOに
対応させてくれる「ASIO4ALL」という
ソフトを使用しましょう。

「ASIO4ALL」のダウンロードはこちら

「ASIO4ALL 2.10 - English」を
ダウンロードしインストールすると、
SONAR X1の環境設定→
オプション→ドライバモードの
プルダウンメニューからASIOを
選べるようになります。
ASIOを選び、オプションの一つ上の
デバイスの設定→再生タイミングマスタが
ASIO4ALLになっている事を
確認した上で、動作テストに入ります。
この体験版で利用できるソフトシンセは
「Rapture LE 体験版」だけですので、
プラグインブラウザから
「Rapture LE」をトラックへ放り込み、
インストゥルメントトラックとして
起動しトラックのピアノロールに適当に
ノートを置いて再生、パソコン本体から
出てくる音をチェック。
というのが手っ取り早い動作確認かと思います。

この説明で分からない方、
音楽関係のソフトが全く初めてという方には
25日の体験会で直接サポートさせていただきます。

一応、僕の手元で「Music Creator6」の
動作確認ができたノートPC及び
CPU、メモリの情報を載せておきます。
OSはいずれもWindows7 64bitです。

・EPSON Endeavor NY3000
 (Intel Pentium P6100 2GHz 4GB RAM)

・EPSON Endeavor NJ3000
 (Intel Core 2 Duo T9300 2.5GHz 4GB RAM)

・SONY VAIO PCG-71612N
 (Intel Core i3 2330M 2.2GHz 4GB RAM)

講座体験会は10/25(木)18:30から
御旅屋セリオ(高岡大和)6Fで行います。

それでは、また。
--------------------------------
2013/10/22追記

僕が書いたMusic Creator 6の解説本が発売されました。

|

« クリエイターは印税暮らしの夢を見るか? | トップページ | 講座体験会終了 »

講座」カテゴリの記事

コメント

Music Creator 6について書かれていて勉強になりました。
解説本も出されているんですね!参考にさせていただきます。

投稿: misx | 2014.09.09 23:58

misxさん、こんにちは。
RolandがCakewalkの売却を発表したのが、Music Creatorの解説本を書き上げた直後で心配していたのですが、結局、TASCAM(Gibson)に移行してからは、日本での販売はなくなってしまったようですね。
Music Creatorシリーズはコストパフォーマンスに優れた良いDAWだと思っていただけに残念です。
(英語版に抵抗がなければ、今も本家Cakewalkから購入できますが)
もっとも、既にMusic Creatorを持っている方にはあまり関係の無いことでもありますので、今後もガンガン活用していきましょう。
コメントありがとうございました!

投稿: 山口道明 | 2014.09.11 06:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/55959168

この記事へのトラックバック一覧です: Music Creator 6の動作確認:

« クリエイターは印税暮らしの夢を見るか? | トップページ | 講座体験会終了 »