« ユニバース | トップページ | はじめてのコンピューターミュージック »

Fantastic Place

TUBEのギタリストでもある春畑道哉のソロ作品の
中の一つなのですが、この曲を知ってる人、
特にあるTV番組のテーマ曲として使われていた事を
知っている人はそれほど多くないのではないでしょうか。

実は僕はTUBE、そして春畑さんや
彼の作品の事もほとんど知らないのですが、
では、なぜ今回ブログに彼の作品を取り上げた
のかというと、1990年代半ばに放送されていた
TBS系ドキュメンタリー番組「神々のいたずら」の
番組テーマ曲として使われていた、
この「Fantastic Place」という曲が大好きだったからです。

番組のエンドロールに曲名、及び作者名の
クレジットがあったので、当時、ショップを
探したり問い合わせたりしたのですが、
CD化されていなかったようで結局購入を断念。
その後しばらくして「It's TV SHOW!!」という
テレビ番組のテーマ曲ばかりを集めた2枚組みの
コンピレーションアルバムに収録されているのを
見つけたのですが、他の収録曲に全く興味を持てず。
購入を躊躇っているうちにやがて忘れていきました。

ところが最近になってふと思い出し、
ネット検索してみたらニコニコ動画で
同タイトルの投稿が引っかかってきた。
もしやと思ってクリックしてみたらビンゴ。
おー、これだこれ。
曲を聴いた瞬間に懐かしさで一杯になりました。

メロディは覚えていたけど、アレンジやサウンドの
ニュアンスは結構記憶とは違っていた。
僕の中ではもう少しアコースティックな印象が
あったんだけど、シンセ、そして打ち込みドラム
もバリバリ使われていて、随分とデジタル。
また、フルバージョンを聴くのは初めての事で、
冒頭と後半に短いんだけど、ボーカル(コーラス)パートが
あるのも初めて知りました。(忘れていただけもしれない)
しかし、なんと言ってもこの作品の核になっている
テーマのフレーズがいい。
小気味の良いメロディとシンコペーション
の効いたバッキングとの絡みがなんとも気持ちいい。

ネットをもう少し調べてみたら、2000年にこの曲を
収録したソロアルバム「RED BIRD」がリリースされていて、
今も購入可能だという事も分かりました。
というわけで早速購入。
15年余りの時を経て、ようやくCDクオリティの
音源にたどり着いたというわけです。
正直言って番組テーマ曲になっていたなかったら
ここまで興味を持てたかは自分でもよく分からないのですが、
僕の中にあった無数の探し物の中の一つを見つけた事は確かでした。

なお、「神々のいたずら」はその後、
やはりドキュメンタリーで「神々の詩」という番組へと
移行しテーマ曲も同タイトルの姫神の作品へと変わりました。
なかなかCDリリースされなかった「Fantastic Place」
に比べるとこちらは割と早くCD化され、
セールス的にも成功を収めたようです。

ただ、僕としてはやっぱり「Fantastic Place」なのです。

|

« ユニバース | トップページ | はじめてのコンピューターミュージック »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/54605638

この記事へのトラックバック一覧です: Fantastic Place:

« ユニバース | トップページ | はじめてのコンピューターミュージック »