« 1年に1回しか更新しないブログ? | トップページ | ユニバース »

電子書籍など

Book

電子ブック、デジタル書籍、デジタルブック、
などなど、いろいろ呼び方はあるようですが、
いわゆる電子書籍に抵抗のある
人って結構多いのではないでしょうか。
うちのかみさんは大の本好きですが、
やはり「本は紙でないと」という人です。
目への影響(疲労など)という点もあるでしょう。

僕も漠然とした抵抗感がありました。
ただ、ここ数年、読書の機会が減っている大きな
理由の一つに「小さな文字が読めなくなった(涙)」
という事があって、過去にも
「モニターと解像度と目の関係」
という記事に書いた事があります。
実は電子書籍は、この問題に関しては
割りとあっさりと解決してくれるのです。
例えば、昨日紹介した「ドラえもんの秘密」だと、
文字サイズを指定の範囲内で任意に指定できます。
また、僕は青空文庫*の作品をいくつか
PDF化してipadに入れているのですが、
これを読むのに使っているSideBooksという
アプリは、ピンチ操作で文字の大きさを
簡単に調整できます。

*著作権の消滅した作品を数多く提供
 してくれているインターネット上の電子図書館

PDFに関して言えば、普段使っている
DAWやプラグインなどのマニュアルはPDFで
提供される事がほとんどだったり、
自宅の家電製品の説明書なども検索が使えて
便利なので、PDFで見る機会のほう多かったり
する事から、PDF閲覧は今回のタブレット購入の
動機の一つにもなっていたのですが、
この点でもかなり満足しています。
やはり、読みたい時にさっと取り出して読める
のは大変便利です。

大量のPDFをipadに入れておく事に抵抗があるなら、
dropboxなどを利用してWeb上に保管しておいたり、
あるいはFile Explorerを使って、デスクトップパソコン
に保存してあるものをipadから閲覧するという方法
もあります。その際に必要ならPwer Managerなどを
使ってipadからデスクトップパソコンの電源を
コントロールする事ができます。
これらの使用にはWi-Fi*環境が必要ですが、
今時の無線ルーターは普通にWi-Fiに対応して
いたりするので、現状のままで使用できる
場合も多いのではないでしょうか。

*Wi-Fi Alliance によって無線LAN機器間の相互接続性を
 認証されたことを示す名称、ブランド名

ちなみに僕が使っているPDFリーダーの
SideBooksは軽快なだけでなく、dropbox
との連携機能が最初から搭載されていて
dropboxのアカウントを持っていれば、
すぐにでもipadへのファイル転送が行えます。
また、ページめくりのアニメーションエフェクトなども
付いていて(オンオフ可)、味気ないPDFリーダーじゃ
つまらないという方にもおススメできます。
そして、これだけの性能のアプリが
なんと、無料で提供されているのです。

と、いい事ばかりを書いてきましたが、
もちろん問題点もあります。
まだ使用期間は短いですが、感じた事をいくつか。

やはり、紙に印刷されたものを読むより目は疲れます。
特にテレビ同様、暗い部屋で見る場合にそれが顕著です。
それから重さ。600gちょいと、ノートPCなんかとは
比較にならない位に軽いのですが、
それでも片手で持つと結構重量感があります。
例えば、仰向け状態で片手でベゼルだけを持って
本体を保持するのは現実的ではありません。
そして、便利に使うための共有や連携機能などの
設定には若干の知識が必要だという点。
決して難しい事はないのですが、躓いた時に自分で
ネットなどを調べて問題を解決するための
ちょっとした努力が必要です。

と言うわけで、1年に1度だったブログ更新を
あっさり2日連続で更新しつつ、今回はここまで。

|

« 1年に1回しか更新しないブログ? | トップページ | ユニバース »

iPad/iPod」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/54454843

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍など:

« 1年に1回しか更新しないブログ? | トップページ | ユニバース »