« 娘の父 | トップページ | 電子書籍など »

1年に1回しか更新しないブログ?

みなさん、こんにちは。

前回1年ぶりの更新をしたわけなんですが、
なんと、あれから、またまた1年が経過して
しまいました。
1年に1回という驚くべき更新ペースとなっております。
(コメント欄への書き込みを含めれば、
完全に空白というわけではありませんが)
子育ての中にいるとあっという間に月日が
流れていくものだとつくづく感じます。
この記事も二人の子供を寝かしつけてから
書き始めました。

さて、そんな慌しい生活の中、
今回のブログ更新のきっかけとなったのは
先月タブレットPCを購入した事でした。
自分には必要の無いもの(スマホも持ってません)
だと、これまで購入を検討した事もなかったのですが、
そこそこ使えそうな音楽アプリがipadに存在する
事を知って興味を持ち始め、先月、
新型ipad(第三世代)の発売で現行のipad2の価格が
下がったのを機に興味半分で購入してみたのです。
ipadにしろ、Androidにしろ、既にタブレットを
使ってる人にとっては今更感ありまくりだと思いますが、
初タブレットの僕は、実際に使ってみて驚きましたね。
軽いカルチャーショックを受けるくらいに
よく出来たアイテムでした。

Ipad2__4


詳しい事はブログの更新も兼ねて追々
書いていけたらと思っていますが、
かつてヤマハのQY10やローランドのPMA-5などで、
モバイル作曲家を夢見た人達(?)にとっては、
一つの到達点となるアイテムになるかもしれません。
かくいう僕もかつてそれを夢見た一人で、
QY20から始まって、次にPowerBook、Windowsノートと
渡り歩きましたが、ipad、そしてその上で動く音楽アプリは、
それらとは明らかに一線を画していると感じます。
もっとも、これから使っていけばいろいろ不満も
出てくると思うんですが、
第一印象としてはすこぶる好印象です。

Qy10_2
YAMAHA QY10
Pma5_2
Roland PMA-5

ちなみに僕が最初に購入した音楽アプリは
NanoStudio と Music Studio の2本です。
あと音楽とは何の関係もありませんが、
電子書籍「ドラえもんの秘密」も買ってみました。
あ、いえ、期間限定で安かったものでつい・・・85円でした。

Nanostudio_3
NanoStudio

Musicstudio_2
Music Studio

基本的なインタフェースが優れているので、
作曲のツールとしての使い道以外にも様々な事に
使えそうな事も収穫でした。
例えば、このブログの更新やメールチェック。
今まではパソコンの前に座らないと何もできません
でしたが、タブレットならうちのどこにいてもできます。

ちなみにiTunes Storeでのアプリ、書籍、楽曲などの購入は
クレジットカードかiTunesカードでのチャージが基本だと
思うのですが、iTunesカードはキャンペーンやセールで
安く購入できる事があるので、
タイミングがよければそれを利用しましょう。
経済的にもまた、セキュリティの面でも、
クレジットカードより安心だと思います。

僕はちょうどイオンで購入額に応じた額面の
iTuneデジタルコード*がもれなくもらえる
というキャンペーンをやっていたので、
10,000円のカードを購入してみました。
http://www.ure-seedcp.com/
ウェブサイトからの申請後にメールでデジタルコードを
送ってくるようです。(10,000円だと2,000円分)
購入期限は5/6まで。

*iTunes Storeアカウントに対象の金額分を
 チャージすることができるコード。

さて、最後になりましたが、
音楽制作方面の近況です。
現在4/28から始まる春の瑞龍寺ライトアップの
ための曲を制作中です。
(ライトアップの書下ろしとしては通算5曲目)
既に最終のミックス段階に入っていて、
今週中には完成予定です。
今回は春らしい穏やかな曲になりそうです。

Zuiryu_2012_
http://ecchu-takaoka.com/

それでは、できれば、近いうちにまた。

|

« 娘の父 | トップページ | 電子書籍など »

作曲」カテゴリの記事

iPad/iPod」カテゴリの記事

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/54443532

この記事へのトラックバック一覧です: 1年に1回しか更新しないブログ?:

« 娘の父 | トップページ | 電子書籍など »