« ブラキオサウルス | トップページ | 娘の父 »

スーザン・ボイル


YouTubeやTVで彼女を見た人も多いんじゃないかと
思いますが、スーザン・ボイルのデビューアルバムが
先日発売されました。
僕はボイルの存在はポール・ポッツ同様YouTubeで知りました。
有名な人なので詳しい説明は他に譲りますが、
さえない容姿の48歳になるおばちゃんが
実は美しい声を持つ歌姫だったという事で
イギリスの人気オーディション番組
「ブリテンズ・ゴット・タレント」で、一躍、時の人に。

アルバムは予約の段階から結構話題に
なっていましたが、本国イギリスでは一週間で
40万枚以上という、デビューアルバムとしては
驚異的なセールスを記録したようです。
日本版にはボーナストラックとして、
「Wings To Fly」が収録されています。
聴けばすぐに分かると思いますが、
この曲は赤い鳥の「翼をください」のカバーで、
なんというか、日本人の心をくすぐる上手い戦略ですね。

その「Wings To Fly」ですが、
シンセパッドとボーカルのみという編成で
サビの部分から曲が始まるのですが、
これがぞくっとするほどいいです。
この声が48歳のおばちゃんとはとても思えない。

ただ、個人的にはその後の展開というか、
アレンジが今ひとつでもったいない気もしました。
中でも気になったのがバックコーラス。
コーラスも歌詞を歌うような、いわゆる合唱的なノリは、
このアレンジには似合わない気がします。
特に最後の転調後のサビは、コーラスに頼らない
アレンジで突き抜けてほしかった。
もっと彼女のソロを聴かせるアレンジのほうが
絶対いいものになったと思うんですが、
まぁ、ボーナストラックですし、このほうが
お約束な展開でわかりやすいとは
言えるのかもしれませんね。

さて、彼女が美しい声の持ち主である事や
歌の才能がある事は間違いないと思うのですが、
例えば、全く情報無し、先入観無しでこのアルバム
聴いた場合、歌手としてそれほど飛び抜けたものを
感じたどうかは個人的には疑問です。
しかし、彼女の持つ人間性(僕が知りうる限りの情報を
元にしたものですが)が、その歌声と重なるときに、
彼女にしかできないと思わせる歌の世界を描き出すのです。

歌い込みが足りないのでは?
と思わせる曲もありましたが、
彼女の持ち歌のようになってしまった、
「I Dreamed A Dream」は素晴らしいし、
全体的にポピュラー寄りの選曲は、
誰にでも親しめる内容になっていると思います。
YouTubeにオフィシャルチャンネルと思われるものが
既にあって、アルバムのトップを飾っている
ローリング・ストーンズの「Wild Horses」のカバーが
フルコーラス聴けるものがありましたので、
記事冒頭に貼っておきました。よかったらどうぞ。

Sony Music Japanのスーザン・ボイルのページ
(Wings To Flyの一部が聴けます)
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/susanboyle/

左から、日本版US版UK版です。
*価格は輸入盤であるUS版、UK版が安いのですが、
「Wings To Fly」が収録されているのは日本版のみです。

|

« ブラキオサウルス | トップページ | 娘の父 »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

私も、ポール・ポッツ同様YouTubeで知りました!
そして、コニー タルボットも!
3人共、何度聴いても、感動で涙が出ます!

スーザン・ボイルは歌も勿論ですが、
これからどんな風に変わって行く(容姿)のかも楽しみです!

/おばさん

投稿: 蘭 | 2009.12.13 11:17

蘭さん、こんにちは。

スーザン・ボイル(ポール・ポッツも)については、あの容姿と歌声とのギャップが与えたインパクトが大きすぎて、自分自身、正当な評価ができているのかについては分からない部分もあります。例えば、かつてミリアム・ストックリーを初めて聴いた時は、CDから聴こえてくるその歌声だけで感動したのですが、そういうのとはちょっと違いますね。
ただ、そういうギャップも含めても感動した事には間違いなく、それはやはりすごい事じゃないかって思いますし、それもアーティストの個性として評価していいんじゃないかとも思っています。
コニーちゃんについては、前出の二人の時とはまた感じ方が違った気がするんですが、やっぱりすごいですね。(^_^)

投稿: 山口道明 | 2009.12.14 05:38

スーザン・ボイルさんがNHKの紅白に出るらしいですね!?
いやぁ~楽しみ!いつもは見ない番組なんだけど、
今年は見よと思います!ピンポイントで(^^;

投稿: 蘭 | 2009.12.30 11:41

蘭さん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
紅白は結局見なかったのですが、来日の様子はニュースで見ました。
YouTubeで初めて見た時の印象と同じように陽気なおばさんって感じでしたが、やっぱりいくらかはあか抜けた感じがありましたね。
きっと本番も素敵な歌声を聴かせてくれたのではないでしょうか。(^_^)

投稿: 山口道明 | 2010.01.01 02:46

あけましておめでとうございます(^^)/
今年も宜しくお願い致します!

そろそろかな~?と思ってTVをつけたら、スーザン・ボイルさんが
歌う前に,インタビューに答えている所でした!
いや~マジにピンポイントで、我ながらビックリしました(^^)V

♪今年も”山口さんの新曲”を楽しみに致しております(^^)♪

投稿: 蘭 | 2010.01.02 16:27

ここ最近の活動がわからないのが残念。
夏冬で瑞龍寺で作曲なされているのでしょうか?
幻想瑞龍寺のCDはとてもよかったです。
ブログが更新されないのが寂しくてなりません。
近況がわからないので・・・。

それはともかく、これからも応援しています。
頑張ってください。

投稿: yoshi | 2011.01.02 23:19

yoshiさん、こんにちは。
コメント、それからCDをお聴き下さいまして、
ありがとうございます。
瑞龍寺に関しては、今のところCD収録の3曲が全てです。
(それ以降の新作は書き下ろしていません)
ブログ更新が止まっていた理由と近況に関しては
最新記事に書いておきましたので良かったら読んでください。
これからもどうぞ宜しくお願いします。

投稿: 山口道明 | 2011.01.08 05:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/46904202

この記事へのトラックバック一覧です: スーザン・ボイル:

« ブラキオサウルス | トップページ | 娘の父 »