« 生きてます。 | トップページ | 新型インフルエンザ »

スパム

以前、メールアドレスという記事でも触れましたが、
今回はスパムについて書いてみます。

数年前であれば、スパムへの批判を中心に
今回の記事を書ていただろうと思うのですが、
この頃はスパムというものの捉え方が自分の中で
変わってきた気がしています。
と言うのは、かつては、受信の度にメールソフトに
スパムがずらっと並ぶという事が当たり前になり、
その事で憤りを感じたり、嫌気がさしたりという事が
あったのですが、今ではISP側でもユーザー側でも
対策が進んで、あまり気にならなくなったからです。
早い話が、目にする機会が極端に少なくなったのです。

ただ、ニフティのメールフォルダを覗いてみると、
スパムそのものは全く減っていないようです。

Spam
*クリックで拡大

写真は僕のメールアカウント(ニフティ)のスパム
フォルダなのですが、ほぼ切れ目無く届いていますね。(笑)
スパムフォルダの保存期間を最短の3日間に設定して
大体、約300通を維持しているので、一日平均100通の
スパムが届いているというところでしょうか。
ざっとフォルダの中を見た感じだと、9割は海外からで、
○ァイザーや○イアグラなど薬関係と思われるものが
目につきますね。残りの1割が国内(サーバーは海外かも)
からで、ほとんどは出会い系といった感じです。

2006年のINTERNET Watchの記事でちょっと古いのですが、
シマンテックが行った「スパムメールの動向に関する
ワークショップ」によると、スパムメールは返信率が
0.001%(10万通に1通)を超えれば採算が合う
との事で、同時に「採算が取れるうちはスパム
メールの根絶は難しい」との見解を述べています。
10万通に1通で採算が取れるという、いかに
コストのかからないビジネス(?)かという事にも
驚きましたが、もう一つ驚いたのは、

”1億件のメールアドレスの相場価格が10,000円”

と書かれていた事です。

一億件が10,000円ですヨ。
この中にはきっと僕のメールアドレスも
あなたのアドレスもあるんでしょうね。
人のメールアドレスで商売するなよという怒りを越えて、
そのアドレスが全く無価値なのが分からないスパマーが
かわいそうな気もしてきます。少なくとも僕がスパムに
返信する事は決してありませんから…。

さて、採算が取れるうちは根絶は難しいという
スパムですが、これは言わばネットワークを流れる
トラフィックに付随する不可避のノイズのような
もので、今では、このノイズの混入を防ぐ事は
ISPやユーザーの常識となっているのではないかと思います。
例えるなら、カセットテープのヒスノイズや
アナログテレビ放送のゴーストみたいもので、
ユーザーがノイズリダクションなりゴースト
除去を行うのに近いのではないかと。(しかも、簡単にできる)
ノイズやゴーストの原因は消えたわけではな
いけれど、見えなくなる、或いは気にならない
レベルになるという感じですね。

この点、僕が利用しているニフティのスパムフィルター
はなかなか優秀で、以前は日本語メールのスパム判定が
弱かった気がするのですが、今はきっちりフィルタ
リングしてくれます。(もちろん100%ではないのですが)
そして準スパムというか、スパムではないけれど、
読む必要のないものは、自宅でのフィルターで弾く。
僕はSpam Mail Killerというフリーソフトを使わせて
もらっている(作者さん、ありがとう)のですが、
これはフィルタリングのカスタマイズも素晴らしいの
ですが、届いている正常なメール一覧から受信する
必要がないと判断できるものを自分で選択して
簡単に消去できるという点でもとても気に入っています。

というわけで、今はスパムメールが届く事で困ったり、
ストレスが溜まったりという事はなくなりました。
もちろん、スパムがこの世から無くなる事が一番望ま
しいという事は言うまでもありませんが。

|

« 生きてます。 | トップページ | 新型インフルエンザ »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

うわ、、、すごい数・・><

投稿: ゆきを | 2009.11.20 08:50

タイムリーですねぇ(^^;)
僕の職場、今週、30万通のスパム攻撃を受けて、
外へE-mailを送信できません。
うちの職場には、協力なシステム管理者が居ないので
手をやいてます。
正確には、メールのウイルスチェックサーバの処理が
追いつかず、パンクしてる状態なのですが、
一番困るのが、出したはずのメールが相手に届いて
いないことですねぇ。
結局、電話したりしてます(^^;)

投稿: 清水 | 2009.11.20 15:50

あらら、大変でしたね。
個人のアカウントと違って、業務上、簡単に怪しいサーバーをブロックするという訳にもいかないのでしょうね。業務に支障が出るような悪質なものなら、迷惑メール防止法の対象になる可能性もありますが、海外からのスパムとかだとそれも難しいですしね…。

スパム関連のニュースを検索してみると、億単位のスパムを送信して捕まったというケース(国内)がいくつか見つかってさらに驚いてます。しかもかなりの利益を上げていたようで、根絶が難しいというのも頷けます。

投稿: 山口道明 | 2009.11.21 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/46799506

この記事へのトラックバック一覧です: スパム:

« 生きてます。 | トップページ | 新型インフルエンザ »