« スパム | トップページ | ブラキオサウルス »

新型インフルエンザ

新型インフルエンザの流行拡大が止まらないようですね。
こんな田舎の町にもとうとうやってきたようで、
今月上旬まで体験学習の講師をさせていただいた
小学校でも2クラスが学級閉鎖したという情報が入ってきました。
国立感染症研究所感染症情報センターによる
インフルエンザ流行レベルマップを見ても
富山全域で警報、または注意報レベルを超えています。
みなさんのところはどうでしょうか。

ワクチンの接種も始まったようですが、
こちらから積極的にアプローチしなければ
情報が入ってこない状況で、子供を抱える親は
不安を募らせるばかりです。
予約が入荷予定数に達したとの事で、既に予約受付を
終了した病院もありましたし、予約可能な所でも当然
その申請手順は病院毎にバラバラ、しかもワクチンにも
種類があって、防腐剤の入っているものと入っていないもの
さらに鶏卵培養(国産)のもの、細胞培養(輸入)のものと、
いろいろあって、混乱に拍車をかけています。

中でも気になるのは、どのワクチンが本人に
適しているのか(リスクが少ない)という事です。
ご存じの方もおられますが、うちの息子はアレルギー体質で、
特に鶏卵培養である国産ワクチンには慎重になっています。
息子は卵のアレルギーレベルが5段階の"4"なんですよね。
(ちなみに一番高いのは牛乳)
かといって輸入ワクチンを待っていると、
厚労省のスケジュールでは輸入ワクチンは12月末からと
なっていて年内の接種も怪しくなってきます。

まぁ、一人であれこれ考えててもしてもしょうがないんですけどね…。
10月から子供が立て続けに風邪ひいた(先週も40度近い熱を
出したばかり)事もあって、神経過敏になっているのかもしれません。

ちなみに鶏卵を使用しない細胞培養によるワクチンですが、
これは、イヌの腎臓の細胞から作り出した"MDCK細胞"と
呼ばれる細胞を使用するそうです。
生産効率が高い上に卵アレルギーの人にも投与可能との事。
ここに分かりやすい記事が載っていますので、興味のある方はどうぞ。

■不足懸念のインフルエンザワクチン 「細胞培養」に高まる期待
http://sankei.jp.msn.com/science/science/091102/scn0911020805000-n1.htm

ところで明日(あ、もう今日だ)は、
1000人近い人の前で演奏してくる予定なのですが、
この新型インフルエンザ警報発令中の中、
果たして人が集まるのだろうかとちょっと心配しています。

|

« スパム | トップページ | ブラキオサウルス »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/46834359

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ:

« スパム | トップページ | ブラキオサウルス »