« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

ブラキオサウルス

プラグインの名前ではありません。
実はこれは恐竜の名前で、5歳になった
息子が最も気に入ってる恐竜です。
きかんしゃトーマス、アンパンマン、ポケモン
ときて、今は恐竜というわけです。

無邪気なもので、このくらいの歳だと
まだサンタクロースを信じていまして、
それで、今年のクリスマスには、恐竜のプラモデルが、
それもブラキオサウルスのプラモデルが欲しいと
おぼえたての字を使ってサンタクロースに
手紙を書きました。

Dino
さンたさンエ *クリックで拡大

息子の手紙をサンタさんに届けてあげようと
ネットで調べてみると、タミヤからそれらしい
プラモデルが発売されていたのですが、
とりわけ上級者向けというわけではないものの、
未塗装のもので、少なくとも子供向けの
商品ではないようでした。

それで、何か代わりのものをと探したところ、
某大手ネットショッピングで、割とリアルな
ソフトビニール製のものを見つける事ができまして、
これなら息子も納得するだろうと、(おまけに丈夫!)
ブラキオサウルスを含め8体を注文しました。
ちなみに僕は恐竜には全く詳しくありません。

ところが、今日の午後にショップから電話がかかってきて、

「申し訳ございません。ご注文いただいた8点のうち、
スティラコサウルスギガノトサウルスと…」

端正な声の女性担当者が読み上げる
恐竜の名前を受話器越しに聞いて
若干戸惑いをおぼえた僕でしたが、
8点のうち4点が品切れだという事がわかりました。
キャンセルするか、代わりの4体を注文するか…
数秒迷った結果、一番重要なブラキオサウルス
は無事だったので、代わりの4体を注文する事に。
ところが、さきほど読み上げてもらった
恐竜の名前が一つも思い出せない!!

「すみません、もう一度、品切れだった4点の
恐竜を教えていただけますか」

「はい。スティラコサウルスギガノトサウルスと…」

よし、ちゃんとメモしたぞ。

再び、ショップのサイトで恐竜選び。

「んー、トリケラトプスは売り切れかぁ、
じゃ息子が割と気に入っていたサイカニアにするか…
おっと!これは既に注文済みだ」
という風に、恐竜と格闘する事約30分。
代わりの4点と再度、品切れが発生した場合に備え、
予備でプラス2点の計6点をメールで伝えました。
メールの中は恐竜の名前で一杯。

ところが夜になって、もう一度同じ担当者から電話が。

「メールありがとうございました。全て、在庫がございました。
それで実は、キャンセルされたお客様がありまして、
先ほど品切れのご連絡をさせていただいた商品のうち、
2点をご用意できる事になりましたが、どういたしましょうか?
商品の方はスーパーサウルスパラサウロロフスです」

結局、キャンセルの出た恐竜も再度注文に
組み入れてもらって、無事8体の注文を
終えましたが、今日ほど、恐竜の名前が
頭の中を駆けめぐった事はなかったです。

夢に出てきそうです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

新型インフルエンザ

新型インフルエンザの流行拡大が止まらないようですね。
こんな田舎の町にもとうとうやってきたようで、
今月上旬まで体験学習の講師をさせていただいた
小学校でも2クラスが学級閉鎖したという情報が入ってきました。
国立感染症研究所感染症情報センターによる
インフルエンザ流行レベルマップを見ても
富山全域で警報、または注意報レベルを超えています。
みなさんのところはどうでしょうか。

ワクチンの接種も始まったようですが、
こちらから積極的にアプローチしなければ
情報が入ってこない状況で、子供を抱える親は
不安を募らせるばかりです。
予約が入荷予定数に達したとの事で、既に予約受付を
終了した病院もありましたし、予約可能な所でも当然
その申請手順は病院毎にバラバラ、しかもワクチンにも
種類があって、防腐剤の入っているものと入っていないもの
さらに鶏卵培養(国産)のもの、細胞培養(輸入)のものと、
いろいろあって、混乱に拍車をかけています。

中でも気になるのは、どのワクチンが本人に
適しているのか(リスクが少ない)という事です。
ご存じの方もおられますが、うちの息子はアレルギー体質で、
特に鶏卵培養である国産ワクチンには慎重になっています。
息子は卵のアレルギーレベルが5段階の"4"なんですよね。
(ちなみに一番高いのは牛乳)
かといって輸入ワクチンを待っていると、
厚労省のスケジュールでは輸入ワクチンは12月末からと
なっていて年内の接種も怪しくなってきます。

まぁ、一人であれこれ考えててもしてもしょうがないんですけどね…。
10月から子供が立て続けに風邪ひいた(先週も40度近い熱を
出したばかり)事もあって、神経過敏になっているのかもしれません。

ちなみに鶏卵を使用しない細胞培養によるワクチンですが、
これは、イヌの腎臓の細胞から作り出した"MDCK細胞"と
呼ばれる細胞を使用するそうです。
生産効率が高い上に卵アレルギーの人にも投与可能との事。
ここに分かりやすい記事が載っていますので、興味のある方はどうぞ。

■不足懸念のインフルエンザワクチン 「細胞培養」に高まる期待
http://sankei.jp.msn.com/science/science/091102/scn0911020805000-n1.htm

ところで明日(あ、もう今日だ)は、
1000人近い人の前で演奏してくる予定なのですが、
この新型インフルエンザ警報発令中の中、
果たして人が集まるのだろうかとちょっと心配しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパム

以前、メールアドレスという記事でも触れましたが、
今回はスパムについて書いてみます。

数年前であれば、スパムへの批判を中心に
今回の記事を書ていただろうと思うのですが、
この頃はスパムというものの捉え方が自分の中で
変わってきた気がしています。
と言うのは、かつては、受信の度にメールソフトに
スパムがずらっと並ぶという事が当たり前になり、
その事で憤りを感じたり、嫌気がさしたりという事が
あったのですが、今ではISP側でもユーザー側でも
対策が進んで、あまり気にならなくなったからです。
早い話が、目にする機会が極端に少なくなったのです。

ただ、ニフティのメールフォルダを覗いてみると、
スパムそのものは全く減っていないようです。

Spam
*クリックで拡大

写真は僕のメールアカウント(ニフティ)のスパム
フォルダなのですが、ほぼ切れ目無く届いていますね。(笑)
スパムフォルダの保存期間を最短の3日間に設定して
大体、約300通を維持しているので、一日平均100通の
スパムが届いているというところでしょうか。
ざっとフォルダの中を見た感じだと、9割は海外からで、
○ァイザーや○イアグラなど薬関係と思われるものが
目につきますね。残りの1割が国内(サーバーは海外かも)
からで、ほとんどは出会い系といった感じです。

2006年のINTERNET Watchの記事でちょっと古いのですが、
シマンテックが行った「スパムメールの動向に関する
ワークショップ」によると、スパムメールは返信率が
0.001%(10万通に1通)を超えれば採算が合う
との事で、同時に「採算が取れるうちはスパム
メールの根絶は難しい」との見解を述べています。
10万通に1通で採算が取れるという、いかに
コストのかからないビジネス(?)かという事にも
驚きましたが、もう一つ驚いたのは、

”1億件のメールアドレスの相場価格が10,000円”

と書かれていた事です。

一億件が10,000円ですヨ。
この中にはきっと僕のメールアドレスも
あなたのアドレスもあるんでしょうね。
人のメールアドレスで商売するなよという怒りを越えて、
そのアドレスが全く無価値なのが分からないスパマーが
かわいそうな気もしてきます。少なくとも僕がスパムに
返信する事は決してありませんから…。

さて、採算が取れるうちは根絶は難しいという
スパムですが、これは言わばネットワークを流れる
トラフィックに付随する不可避のノイズのような
もので、今では、このノイズの混入を防ぐ事は
ISPやユーザーの常識となっているのではないかと思います。
例えるなら、カセットテープのヒスノイズや
アナログテレビ放送のゴーストみたいもので、
ユーザーがノイズリダクションなりゴースト
除去を行うのに近いのではないかと。(しかも、簡単にできる)
ノイズやゴーストの原因は消えたわけではな
いけれど、見えなくなる、或いは気にならない
レベルになるという感じですね。

この点、僕が利用しているニフティのスパムフィルター
はなかなか優秀で、以前は日本語メールのスパム判定が
弱かった気がするのですが、今はきっちりフィルタ
リングしてくれます。(もちろん100%ではないのですが)
そして準スパムというか、スパムではないけれど、
読む必要のないものは、自宅でのフィルターで弾く。
僕はSpam Mail Killerというフリーソフトを使わせて
もらっている(作者さん、ありがとう)のですが、
これはフィルタリングのカスタマイズも素晴らしいの
ですが、届いている正常なメール一覧から受信する
必要がないと判断できるものを自分で選択して
簡単に消去できるという点でもとても気に入っています。

というわけで、今はスパムメールが届く事で困ったり、
ストレスが溜まったりという事はなくなりました。
もちろん、スパムがこの世から無くなる事が一番望ま
しいという事は言うまでもありませんが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

生きてます。

2週間以上更新が止まっていますが、生きてます。

ちょっと仕事でバタバタしていた上に、先月ひいた
風邪に続いて、先週、扁桃腺をやられてまたまた
寝込んでしまい、すっかりご無沙汰となってしまいました。
病院で処方してもらった抗生剤のおかげであっさり
回復しましたが、ものを飲む込むたびにのどに走る
激痛!には参りましたです…。

まぁ、このブログは何かの最新情報を載せているわけ
でもないし、ノウハウやハウツーといったレクチャー
をしているわけでもないので、誰も頻繁な更新を期待
していないとは思いますが、一応ご報告まで。

今日の高岡は快晴です。そして、寒い!
でも、澄み渡った青空が気持ちいいです。
というわけで、今日も体験学習の授業を行いに
学校に行ってきます。みなさんも良い一日を!

…というか、ここなんのブログ?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »