« 秋の夜長のひとりごと | トップページ | Fabrik C/RとCL1B »

Goro

以前から気になっていた事なのですが、
みなさんのところでは雷対策ってされてますか?

ご存じのようにパソコンにとって雷は大敵で、
雷サージとも言われている過大電流が
電源ケーブルなどから進入するとかなりの確率で
お亡くなりになる事が予想されます。
例えば、うちでは過去にADSLモデム1台とルーター
2台が雷の被害に遭っています。
モデムはレンタルだったので、おそらく無料で交換して
もらったはずで、ルーターは買い換えましたが数千円の
範囲で済んでいます。
以後、部屋で使用する電気製品を全て雷サージ対応の
タップを介して接続するようにし、電話回線のスプリッタも
同様に雷サージ対応のものに換えました。

…が、しかし、これどのくらい効果があるものなんでしょう?
まぁ、雷の直撃の前には無力だとしても、
積極的にやっておくべき事なのか、
それともしないよりはマシ程度のものなのか?

タップでの対策後は被害が出てませんので、
それが効果が出ている証拠かと言えば、そうでもなく、
実は被害を経験した後は、積極的に電源プラグを
コンセントから抜くようになったのです。
これじゃタップ対策の意味が…。(しかしエコではあるかも)

なお、音楽制作関係の機材には上記のような
雷対策を一切していません。
理由は間に余計なものを挟む事でわずかでも音に
悪影響が出る事を避けたいからです。(ただし、電源を
まとめて管理するためのパワーディストリビューター兼
コンディショナーは使用しています)
おかげで雷には敏感になってまして、遠雷が聞こえ
始めた段階で、音楽制作用のパソコンと前述の
ディストリビューターの電源をコンセントから抜きます。
言うまでもありませんが、本体の電源を切っていても
プラグが挿したままであれば、雷は進入してきますので
「抜く」事がポイントです。
同様に、就寝中や外出中に雷がやってくる事も十分
考えられますので、部屋を後にする際にも上記の電源
プラグは抜いていくようにしています。

余談になるかもしれませんが、同じ雷でも、全く、或いは
ほとんど音を確認できないような雷というのもありますね。
夜中に創作活動をしていて、その休憩がてら窓を開けて
外を眺める事がよくあるのですが、音もなく空全体
が光っている事が時々あります。
時には夜空に稲妻が走るのを見る事もあるのですが、
その一瞬の光の下で地上が真昼のように
明るく照らされる光景は、普段なら忌まわしく思う雷とは
対照的にどこか神々しささえ感じられるような美しさです。
そのまま、次の一瞬を心待ちにする事もあるくらいです。

とは言え、こんなのんきな事を言ってられるのも
雷の本当の怖さを知らないからで、次のような
動画を見せられると、いやいやぞっとしますね。
どちらも日本ですが、特に最初の動画では落雷と共に
コンセントから火花が出て、モデムがご臨終になられたとか…。
結構有名な動画のようなので、既にご覧になられた
方もおられるかもしれませんが、どちらの動画にも
共通しているのが、ものすごい落雷の後の何とも
言えない撮影者の声です。




Line01

もしよろしければ、コメント欄でみなさんがされている
「雷対策」を聞かせてください。
もちろん「何にもしてない」というのでも構いません。
また、実際に被害を経験された方は経験談なども
聞かせていただけるとありがたいです。

|

« 秋の夜長のひとりごと | トップページ | Fabrik C/RとCL1B »

その他」カテゴリの記事

コメント

雷対策、何もしてません。
わくわくしながらベランダから空を眺めます。

マンションだから安心と思ってるのかな(根拠なし
電源もつけっぱなしのことがほとんどです。
あ、ウインドウズのほうは切るかな。壊れそうなイメージなので。これもまったく根拠はないです笑

投稿: ゆきを | 2009.10.02 19:27

うちはタップくらいしか対策をしていません。
ADSLモデム側は使用していなければ抜きます。
幸い今まで被害にあったことはありませんが
周囲の話を聞くと、モデムがやられたという実例の方が多いです。
それほど高価な器材があるわけでもないので
まじめに取り組んでいないというのが現状かしらん。
冬の停電対策のために、電源供給の必要が無い
普通の石油ストーブを1台用意してあるってのはありますが。(笑)

投稿: Qぽん | 2009.10.03 06:55

ゆきをさん

マンションなら雷対策はしてある可能性ありですね。
それからこういうのって、もしかすると結局、
確率論的なもので、してなくても被害に遭わない人は
全然遭わないし、してても遭う人は遭うのかもしれない。

僕は今の所に引っ越してくる前は大きな総合病院の
そばに住んでいたのですが、その病院には避雷針が
立っていて、じぶんちはその避雷針の傘に守られてる
と信じてました。(根拠なし
-------------------------------------------
Qぽんさん

一般家庭で出来る対策と言えば、タップか、あとは抜く
ぐらいしかないですよねぇ。他は思いつきません。
モデムは電源と通信回線という2つの進入経路がある
代表格ですから、その辺が被害の多さと関係してるの
かもしれませんね。

石油ストーブの予備というのは思いつきませんでした。(笑)
予備と言えば僕は、電球とか蛍光灯、あと乾電池とか、
この辺の消耗品って、切れたら買いに行くって人も多いと
思うんですが、僕は予備がないとなんか落ち着かなくて、
切れる前に補充してしまうタイプです。

投稿: 山口道明 | 2009.10.04 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/46371565

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 秋の夜長のひとりごと | トップページ | Fabrik C/RとCL1B »