« メールアドレス | トップページ | 夕暮れの空に誓う »

ドングルにもの申す

Dongle1

普段はあんまり気にならないのですが、
ふとした時に気になるのが、ドングルの存在です。

ここで取り上げるドングルとはオーディオ系のソフトに
比較的採用が多い主にUSBキーを使った
コピープロテクションシステムの事です。
写真は現在我が家で使用しているドングルで、
左から「iLok Smart Key」「Steinberg Key」「YT Key」です。
音楽制作用のパソコンにはこの3つが常に挿してあります。
ドングルというのは言わばソフトウェアを使用するための
「鍵」で、これをパソコンのUSBポートに挿しておく事で、
それぞれのドングルに対応するアプリケーションが使用
可能になるというわけです。
基本的にドングルにライセンスさえ入っていれば、
あとはOSやパーツの入れ替えで環境が変わろうが、
或いは、友人、知人の家のパソコンだろうが、
目的のソフト(インストールされている事が前提ですが)
を使用することが出来ます。
またPC、Macを問わないのが普通です。

しかし、一方で、なんというか、ソフトウェアのメリットを
真っ向から否定しているようなシステムなんじゃないかと
思う事もあります。
例えばメンテナンスフリーであるべきソフトウェアに破損、
故障の可能性のある、しかも本質的には不要のハードを
わざわざ付けた事はソフトウェアのメリットを損なうものと
言えるのではないでしょうか。
一度、ステージのセッティング中にドングルの先端が
どこかに当たって30°ぐらい曲がってしまった事が
ありました(汗)。幸いこの時は事なきを得ましたが、
破損していてもおかしくない状況でした。
その他にもインターネットを検索してみると、ドングルの
抜き差しの繰り返しによるコネクタ周りの疲労と思われる
故障とその後の大変な顛末の体験談を見つける事ができます。

Dongle2


2枚目の写真はドングルを破損、故障させないための
工夫で、ドングル・バディー*の代わりとしてUSBの
アダプターを付けています。
抜き差しはアダプターを持って行います。
また、このアダプターはいろんな方向へ曲げられるので
USBポートの位置によっていろいろ形状を変化させられると
同時に、以前、僕が遭遇したようなドングルの先端を
どこかへ当ててしまった際の圧力も吸収してくれます。
このようにドングルの扱いにはいろいろ気を遣っている
わけですが、ふとした時に、これらは本来ソフトウェア
には不要なもののはずという事に気付きます。

*Digidesignから発売されているドングルの直挿しに
よって起こる破損を防ぐための20cmのUSB延長ケーブル

破損、故障のほかにも、ライセンスをドングルという
有形のものにした事で紛失、盗難が起こりうるものに
なった事も大きなデメリットです。
自宅でのみの使用で挿しっぱなしという方にはピンと
こない事かもしれませんが、スタジオ、ライブなど外へ
ドングルを持ち出す方は、この可能性を常に頭の片隅に
置いておくべきです。
万が一、紛失、盗難という事になれば、ソフトが使えなく
なるだけでなく、ラインセンスそのものを失う事になります。*

*iLokにはこういう事態をカバーするためのサービスが
存在するようですが、もちろん有料です。

破損、故障、紛失、盗難を免れたとしてもまだ不安があります。
ドングルを動作させるにはそれぞれにドライバーソフトが
必要で、僕の場合だと3種類のドングルのドライバーが
インストールされているわけですが、これらが他のソフトに
干渉し悪影響を与える可能性も否定できません。
音楽制作専用のPCをわざわざ用意しているのに
音楽制作に全く寄与しないドライバーを入れなければ
ならないというのはなんとも皮肉です。

これまでのところドングルに関係する深刻なトラブルには
遭っていませんが、こうやって書いてみると実はメリット
よりデメリットのほうが大きいのでは?とも思えてきます。
例えば、これらはシリアルナンバー方式のコピープロテ
クションを採用しているソフトでは起こりえません。
しかも、このドングルに纏わるデメリットは普段は陰に
身を潜めているため見えないのです。

はっきりいって精神衛生上良くありませんね。

KVRのフォーラムでもプロテクトやドングルに
ついてのトピックがいくつも立っていて、
いろんな体験談や意見を読む事ができます。
2つほど紹介しておきます。興味のある方はどうぞ。

「What's Wrong With Using A Dongle?」
http://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?t=244899

「Challenge Response/Dongle or Serial/Key File?」
http://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?t=261343


Bar

記事で取り上げたものの中から紹介します。


左が2個セット、右が1個のみのパッケージです。

|

« メールアドレス | トップページ | 夕暮れの空に誓う »

DAW・プラグイン関連」カテゴリの記事

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

ど~も~、
私は現在ドングルが必要なソフトは所有してませんがメーカーの姿勢や戦略は見てて面白いです。
SONARのライセンスキー対Cubaseのドングル(^^;
ソウフトウェアの価格にはコピーして使いまわすユーザー側事情の反映という側面があるという話を昔聞いた覚えがありますが、コピープロテクトに掛かる割合もかなりのものだとも。あ、事実上コピーさせ放題でそのジャンルの定番の位置を勝ち取ったソフトもあったネ。(笑)
パソコン通信の時代から未成熟なユーザー側思想の問題なんて言われてたけど20年たっても変わらんネ~、移動体通信の普及にともなってネット認証がさらに多くなるのかな~?

投稿: さかもと | 2009.09.21 02:03

プロテクトの強度と正規ユーザーの獲得数って関係あるんでしょうかね?
非正規ユーザーの中に「買ってでも使いたい」と考えてる人というのは、実はそれほど多くないんじゃないの?なんて思ったりもしてます。
つまり、プロテクトの強度を上げる事によって非正規ユーザーの数は減らす事ができても正規ユーザーを増やす事にはそれほどつながらないのではと。
もちろん、海賊版撲滅っていう点ではかなりの効果が期待できますが、ただ、そのしわ寄せを全部背負ってるのは実は正規ユーザーなんですよね。(笑)
まぁ、ノンプロテクトにしろとまでは言いませんので、一番負担が少なくて安心できるシリアル(regcode,keyfileを含む)にしていただきたいものです。

最近発売されたPropellerheadのRecordはドングルとネット認証の二本立てらしいですね。

投稿: 山口道明 | 2009.09.22 00:39

うちのPCにもドングルが刺さっておるのですが
起動時にUSB関連の初期化かなんかで
しくじってるかなんかして様子がおかしいことが時々あります。
たぶんヤツが悪さをしとるんだろうなという感じです。
ドングル自体がハードウェアとしてあまり信用できんです。

話は変わって、先日Nortonのインターネット・セキュリティを
2010にバージョンアップしたんですが
最近増えたネットブック等のCD,DVDドライブがないマシンのために
ネットからもインストールできるようになってました。
なかなかやるな!と思いました。

投稿: Qぽん | 2009.09.22 23:22

うちもまれですが、起動時のチェックでエラーを
吐いた事がありました。一度に抜いて挿し直すと
ほとんど解決するんですが、気持ちは良くないです。
ドングルって安くても\5,000ぐらいするわけですが、
これって間違いなく商売になってますよね。
なんというか、プロテクト技術のライセンスも含め
プロテクトビジネスみたいなものが既に出来上がっていて、
ソフトウェアを守りたい企業だけでなく、
そのソフトウェアのユーザーである私たちまでが
知らず知らずのうちにそのお客さんになっている
というのは、なんかすっきりしないところがあります。(苦笑)

ところで光学ドライブのないパソコンが存在する
というのは、知りませんでした。
ネットブック…確かにサイズを考えれば納得です。
そのうち使用するソフトは全部オンライン上で利用する
(つまりインストールもする必要がない)という日が
来るのかもしれませんね。

投稿: 山口道明 | 2009.09.23 03:11

以前からプラグインを作ってみたいと思ってたんですが、コピープロテクトを考えるのが大変で、やる気になれません(^^;

ネットブック使ってます。
普段はHDDやディスプレイを外付けしておいて、出張などの時は、本体だけ持って行きます。
必要があれば、出先でディスプレイだけ借ります。
いつもの環境のまま移動できるので、とても便利です。
不思議なことに、光学ドライブは殆ど使いません。
結構なんとかなっちゃうモンです。

うを、Qぽん生きてたのか(笑

投稿: うに | 2009.09.25 05:09

作る側にとってもコピープロテクトはやっかいな問題なのでしょうね。
KVRを見てると小さな会社や、ともすると個人でやってる
ようなところが沢山あるんですが、そういうデベロッパー
でネット認証(チャレンジ&レスポンス)を採用してるところが、
その後何らかの理由で消えちゃってユーザーが悲惨な目に遭ってる
ケースをフォーラムで見ると、ネット認証にも不安があります。

でも、うにさんだとユニークな認証方法を考えてくれそうな気も。
「何か面白い一言を入れてください」とか。(^^;)
つまんないと「ダメだこりゃ!」

投稿: 山口道明 | 2009.09.25 21:57

ベンダー側から言うと
以前、プロテクトを付けていなかったので
売っていない所から使い方の問い合わせがある
プロテクトを付けるとコピーできないと苦情がある。
これほど不正を不正と思っていないと付けます。
それと付けた方が売れる
みんな不正コピーしていたので買わないと
使えないとわかると買うことになる。
それとハードを使わないプロテクトは基本的に外せる
それを専門にやっている会社も昔はあった。
今は知らないけど

投稿: きぃたん | 2015.03.09 16:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/46248370

この記事へのトラックバック一覧です: ドングルにもの申す:

« メールアドレス | トップページ | 夕暮れの空に誓う »