« Redline Monitor | トップページ | 雷 »

秋の夜長のひとりごと

Nif

当時も今も知らない人は全く知らない事なのですが、
@ニフティの前身であるNifty-Serve内にあった
主にDTMという手段でオリジナル曲を作る人達が集う
ネット上のコミュニティに(Nifty-serveではフォーラムと
呼んでいた)、かつてFMIDIORGという場所がありました。

FMIDIORGに行くためには、まずダイヤルアップの
モデムで最寄りのアクセスポイント(大抵は市内)に
接続します。ダイアルアップ、つまり電話をかける
のと同じようにモデムを介してダイヤルするのです。
接続に成功すると写真のような文字が画面に現れ
るので、コマンド入力を促す">"に続いて、
キーボードで次のようにタイプします。

>GO FMIDIORG

コマンドを手で打つか、巡回ソフトを使用して自動で
入力させるかの違いはありましたが、誰もがこうやって
フォーラムに来ていました。

僕の記憶に間違いがなければ最盛期のFMIDIORGは
会員数7万人を越えていたはずで、その種のコミュニティ
としてはおそらく当時の日本で最大のものだったろう
と思います。
インターネット時代の今となっては微々たる数字ですが、
ともすれば「おたく」と言われる事もあったパソコン通信
時代のしかもオリジナル曲専門のフォーラムの会員数と
しては驚くべき数字です。

もちろん7万人全員が曲を作っていたわけではなく
「聴くだけ」という人も沢山おられましたし、
また、入会はしたものの全く利用しないという人も
沢山おられたと思います。
それでも、毎月100曲前後のアップロードがあった訳
ですからFMIDIORGを発表の場にしていた人の数は
かなりの数になるんじゃないかと思います。
そして、僕もその中の一人でした。フォーラムに
やってきたのはまだ20代半ばの頃でした。

それから十数年にわたって作曲者として、また、
時には運営スタッフとしてフォーラムと関わるように
なるのですが、フォーラムが消滅した今でも
基本的には同じように創作活動を続けていて、
最近になって始めたこのブログも音楽の方を向いて
書いているものがほとんど。つまり僕と音楽の
関係はほとんど何も変わってないんです。
そんな事を考えていてふと思った事が、
当時、FMIDIORGで作品を発表していた人達は、
今どうしてるのだろう?という事でした。

結婚、育児、仕事、様々な理由から音楽と距離を
置くようになったと思われる方、或いは音楽以外の
楽しみを見つけてそちらの方へ移行したと思われる方
をほんの数人知っていますが、その他のほとんどの
方の消息については全くと言っていいほど知りません。
フォーラムからインターネットの海へと散開した事で
個々の姿が見えにくくなっている事もあるでしょう。
お互いに音楽を続けていたとしてもそれを自然に
知るという事がないのです。

Photo2

入会当時、僕は20代半ばだったと書きましたが、
当然、30代、40代の方もおられましたし、割合としては
むしろ、そちらのほうが多かった可能性もあります。
なにせ、パソコンがまだかなり高価で通信コストも今と
比べると恐ろしく高かった時代ですから、若い人が気軽に
始められるものではなかったんですよね。
その方達は今は50代、60代になられているわけですが、
今も音楽を続けておられるとしたらすごく嬉しいです。
中には定年を迎えられた方や孫が出来たという方も
おられるんじゃないでしょうか。
時折、孫の声が聞こえてくる部屋で、パソコンに向かい、
マウスを操り曲作りに勤しむ、おじいちゃん、おばあちゃん。
想像しただけで楽しくなりますし、素敵な事だと思います。

僕もそんなおじいちゃんになりたい。


Line01
今日の一枚

「ほんのり」
Photo_045

家の裏に立つけやきの木がほんのり色づいて
いるのを見て秋の深まりを感じる今日この頃。
この葉は秋の終わりと共に全て落ちて、
けやきの木は丸裸になります。そして春には
また萌えるような緑の葉を付けるのです。

このけやきの木の一年を定点撮影して映像化し、
音楽を付けて作品にしたいなぁと数年前から
思っているのですがなかなか実現できません。

|

« Redline Monitor | トップページ | 雷 »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

なつかしい画面ですね。
私は、パソコンのパの時も知らないでここに入りました。
ちょっとこわかった。

パソコンが非力だったので「ログが流れてる間に読めるでしょ?」と冗談で笑われたことがあったっけ・・。

投稿: ゆきを | 2009.09.27 19:57

よく思うのですが、
とてつもない画像を御持ちですネ。(^^;
懐かしいのもそうですが、それよりビックリしました。

私の場合は独身で金銭面と時間に余裕があった時期とフォーラムの活気があった時期がたまたま符合した幸運があったんですね~。
結婚後同じペースで創作等してたら嫁の怒りをかってキーボード(Roland D-70)をひっくり返された事があった。(^^;
ここ10年程は独学でバイオリンと格闘してるんですがチットも弾けるようになんない。(;ω;)

投稿: さかもと | 2009.09.28 10:28

たまに「ハートにアクセス」をT-midiで見たりすると、この画面に会えます(^-^;
最近、Cubase始めました。
細々とやってます。

投稿: SAI | 2009.09.28 13:55

ゆきをさん

僕はPC-88からパソコンの道(どんな道?)に入ったので、
パソコンの「パ」ぐらいは知っていたつもりなのですが、
実はパソコン通信には全く興味がありませんでした。
ドングルじゃありませんが、音楽制作とは全く関係ないもの
と思っていたからです。
友人の薦めというより、友人はほとんど勝手にモデムを
取り付けていったのですが、まさか、創作活動にそして人生に
こんなに貢献してくれるとは。今更ながら友人に感謝しています。

パソコン通信と出会わなかったら
今の僕はなかったと断言できます。
そして、少なくとも自分のユーザーネームに
「子龍」なんて付ける事はなかったでしょう。(笑)
------------------------------------
さかもとさん

このログイン画面が分かるかどうかで、パソコン通信世代
かインターネット世代かおおよそわかりますね。(笑)
D-70は結構でかい(確か76鍵)キーボードだったと思うんですが、
ひっくり返されちゃいましたか。(^^;)
でも、確かに結婚後しばらくはほとんどの人が
創作やネットといった個人の活動レベルが下がりますし、
それにそれは基本的には良い事でもありますよね。
僕も例外ではなかったですし、育児や子供のアトピーそして
脱ステといった対応に追われるなど、様々な事でその後も
断続的に活動レベルは下がりました。
今年に入り、子供が保育園に通い出してからいろんな
意味で一段落したんだなと感じているところです。
ブログを始めてみようと思えるようなったのもその辺の
実感の表れなのかもしれません。

バイオリンがんばってください。(^^)
しかし、またえらく難しい楽器を選びましたね…。
-----------------------------------
SAIさん

「ハートにアクセス」懐かしいですねー。
ネタが分かる人限定ではありますが、
テキストベースのWRDの中では間違いなく
ナンバー1でしょう。アイディアが秀逸です。(^^)
しかし、あの時にこのWRDのネタが通じなくなる
日が来るなんて誰が想像したでしょうか…。

僕はずっとCubaseなんですが、
レコポの数値入力からあのピアノロールへの移行には
5年はかかりました。(かかり過ぎ)
一時は、レコポを引っ張り出してきて併用したりと
試行錯誤しましたが、最近になってようやくピアノロールに
馴染んできました。ところが、ピアノロールに
馴染み始めると、今度はついつい他社DAWとの比較を
してしまうようになるんですよね。きりがありません。
要するにDAWにはレコポのような「決定版」的存在が
未だにないのだろうと思います。

投稿: 山口道明 | 2009.09.28 18:06

なつかしいね。おらはNIFtermを使ってました。

ところで、決定版的...というのはもうあり得ない気もします。
多様化の時代だから選択肢はいっぱいあるんだけれど
どれか一つに習熟したほうがいいんでしょうな。>DAW

閑話休題...
打ち込みか生かってのは普通のリスナーはあまり気にしてないかもですが
個人的には(特にリズム隊/打楽器とベースは)生の方が好きです。
所謂スムースジャズ方面のアルバムを多数聞いていますが
やっぱりラルフ・マクドナルドとかを聞くとほっとするというか。
LinnDrumが出たときにドラマー失業か!みたいに言われたことも
ありましたが、そうはなりませんでしたね。(笑)

投稿: Qぽん | 2009.09.30 02:00

LinnDrumも今やヴィンテージドラムマシンですね。
当時とは全く異なる価値を持つ楽器になってしまいました。
ちなみに僕はLinnDrumと聞くと細野さんの「S-F-X」が頭に浮かびます。

投稿: 山口道明 | 2009.10.01 00:57

みなさん、こんにちは。
随分懐かしい話題ですね。(^o^)
山口さん、HP無くなったと思ったら、
こっちだったんですね(^^;)

ちなみに僕は音楽的には希薄な生活をしてますが、
LogicExpress8とSonarHomeStudio7やBB,Vocaloidは、
動く状態にはなってます。(^^;)

そういえば、先日は、素敵な宇宙船地球号も
最終回だったですねぇ。
時は移ろっていきますね。

投稿: 清水 | 2009.10.05 17:09

清水さん、こんばんは。
こちらでも宜しくお願いします。

地球号終わっちゃいましたね。
ここ数年はまともに観た事もなくて、
忘れてる事のほうが多かったくらいなのですが、
こんなに長く番組テーマ曲として使ってもらえる
とは思ってもいませんでした。
放送開始から1年か2年ぐらいは大島ミチルさん
作曲のテーマ曲が使われていたのですが、
覚えている方いるでしょうか。
それくらい長かったです。

作者としてはちょっと淋しい気もしますが、
それでいて、どこかすっきりした思いもあります。
終わりは始まり、僕の音楽はこれからです。(^^)

投稿: 山口道明 | 2009.10.06 03:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/46324152

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長のひとりごと:

« Redline Monitor | トップページ | 雷 »