« ピュア | トップページ | メールアドレス »

Isone Pro

Isone


低価格ながら使えるプラグインを作っているJeroen Breebaarから、
先月ちょっと変わったプラグイン「Isone Pro」がリリースされました。

バイノーラル・サウンドをシミュレートするプラグインで、
そのコンセプトを簡単に言ってしまえば、
『部屋の中でスピーカーで音を聴いている状態』を
ヘッドフォンで再現するというものです。
耳までとの距離がほとんどないヘッドフォンと、
ある程度の距離を置いて聴くスピーカーとでは
音像や音場などの感じ方にかなりの違いが出てきます。
これは何も音楽を作る人でなくとも、
多くの方が経験されているのではないでしょうか。
一つにはヘッドフォンはLRの音をそれぞれ
対応する左右の耳で聴いていますが、
スピーカーはLRどちらの音も両方の耳を使って聴いている事。
また、スピーカーから出た音は、顔や体、
或いは部屋の壁などに反射してから耳に届くものなどがあり、
これらも最終的な音の聞こえ方に影響を与えます。
さらには、スピーカーの違いによっても音の印象は随分変わります。
もっとも普通に音楽を聴いて楽しむ分にはこれらが問題になる事も
それほどないのですが、これが作る側になると、例えば、
夜中にヘッドフォンでミックス→翌日スピーカーでサウンドチェック
→「こんなはずでは…」という事が起こるんですね。
もちろん、この逆もあるんですが、スピーカーでミックスした音は
ヘッドフォンで聴いても大体の線に収まっていて、
微調整程度で済む事が多いです。
そんなわけで、曲がミックス段階に入るとほとんどスピーカーのみ
になり、ヘッドフォンは仕上げの最終確認とあとは気になった時に
定位やノイズのチェックなどに使うというのが、大体の僕の
スタイルです。

では、このプラグインが自分にとって「使える」ものなのかどうか、
早速、デモを試してみる事にしました。
ファイルはインストーラー形式ではなく、dllをVSTフォルダに
直接放り込むタイプでいたって簡単。ちなみにホストはCubase5。
適当にプロジェクトを選んで、曲を再生しながらプラグインをO
Nに…ふむむ、確かに音は前方に移動しますね。
と言っても、ヘッドフォンから音が出ているのか、
スピーカーから出ているのか、見分け(聴き分け)がつかないと
いったレベルではなく、左右の耳に音が張り付いていた感覚が
薄らぐと言った方が近い気がします。
部屋のシミュレーションに関しては、部屋の大きさ、
スピーカーとの距離、残響時間が調整可能で、
自分の理想とするリスニングルームを作る事ができるように
なっています。
ただ、音の分離が悪い気がするのと音の傾向も結構変化する
ので、この辺は好みの音に調整できるようなパラメーター
(例えばEQのようなもの)が欲しい気がしました。また、
YAMAHA NS-10Mをはじめとする有名どころの
モニタースピーカーを再現するプリセットがあるんですが、
個人的にはどれもイマイチな印象。
おまけみたいなものでしょうが、ラップトップパソコンや
ポータブルオーディオプレイヤーをシミュレートするプリセット
なんてのもありました。

と、ここでハタと気がついた事が。
実は僕が使っているヘッドフォンはaudio-technicaのATH-AD9
というもので、オープンエアータイプのモノ。
もしかすると、この手のプラグインは密閉型じゃないとその真価を
発揮できない可能性もありますね。
まぁ、それでも、「これがあればヘッドフォンのみでOK」
とはいかない気がしますが…。

ただ、価格の方は20EURと安いので、
遊びで買ってみるというのはアリかもしれません。

|

« ピュア | トップページ | メールアドレス »

DAW・プラグイン関連」カテゴリの記事

コメント

>夜中にヘッドフォンでミックス→翌日スピーカーでサウンドチェック
>→「こんなはずでは…」という事が起こるんですね。

ですね! 私も昔、随分悩まされました。
結果、大体、皆さん、ヘッドホーンで聴いているんだから
ヘッドホーン仕様にしておけばイイかも...などと勝手に
決めていました。

で、それをCDに焼いてみると「アレ~何か変?何この音?」
という感じでした。。

しかし、やはり高価なヘッドホーンを使っていらっしゃるのですね!凄い!

投稿: 蘭 | 2009.09.08 10:58

僕の理想は、スピーカーで聴いてもヘッドフォンで聴いても
心地よく聴けるというものなのですが、それにしたところで
結局はうちの環境に依存した調整という事になりますので、
他の環境でどうなるかはまでは把握できません。
仰るとおりなかなか難しいですね。
最近は、ウェブで配信するためのミックスやマスタリングの
手法なんてのも存在するみたいです。MP3で圧縮した際の音
の変化を前提にしたものという事なんでしょうかね。
いずれにしても「正解」がないという事は言えると思います。

投稿: 山口道明 | 2009.09.09 13:19

私は右耳の聴力が左に比べてかなり劣っているので
ヘッドフォンでのミックスは殆どできませんでした。
モノラルに近い定位にしてモニタしていたおぼえがあります。

放送用にAMラジオで綺麗に聴かすための
ミックスとかもあっただろうから
web配信のための手法ってのもありなんでしょうね。
そのうち高音が聞こえにくくなった
お年寄りのためのミックスなんてのも...(笑)

投稿: Qぽん | 2009.09.10 20:00

確か年を取るに従って高域の聴力が衰えていくんですよね。
今年の春に風邪をひいた時に片耳に中耳炎を併発してしまったの
ですが、その際に痛みよりも聞こえる帯域のレンジが狭くなった
事がすごいストレスになった事をよく覚えています。
病院では、耳にカメラを入れて見せてくれるのですが、
鼓膜の向こうに液体が溜まっているのがはっきりと見えました。
あと、電話ボックスみたいな所に入ってヘッドフォンで聴力検査
をするんですが、自分の鼻息(風邪を引いてるので息が荒い)が
ふがふがいって音が聞こえづらいのには思わず笑ってしまいました。
耳は大切にしましょう。

投稿: 山口道明 | 2009.09.11 03:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/46130597

この記事へのトラックバック一覧です: Isone Pro:

« ピュア | トップページ | メールアドレス »