« ふーん | トップページ | 明日は明日の風が吹く »

今は昔


僕が初めてネットに公開したのが「大星夜'90」という曲で、
曲を書き上げたのはタイトル通り1990年。
ほぼ20年前になります。
20年前というと、今のインターネットは一般には
まだ普及しておらず、その前身とも言える
"パソコン通信"が、パソコンユーザーを対象に
少しづつ裾野を広げようとしている時代でした。

パソコンを使って曲を作るようになったのも、
インストゥルメンタルの楽曲制作にシフトしていったのも
この頃からで(それ以前はギターで歌ものを作っていた)
言わば、今の僕の原点とも言える曲です。
今、原曲を聴くと、技術的にも表現にも未熟なところが
沢山あって、恥ずかしいのですが、その一方で、
曲から伝わってくる創作への情熱
みたいなものは確実に今以上で、
うーむと考え込んでしまいます。

「今の自分だったら…」という感じで、
曲の序盤だけですが、さらっとやってみました。
良かったら聴いてみてください。

|

« ふーん | トップページ | 明日は明日の風が吹く »

作品」カテゴリの記事

コメント

私も懐かしくて涙が出ます!
この曲を聴いて、この曲に憧れて、DTMの世界に入ったのですから!
もう20年ですか。。あぁ~スゴイ昔(^^;
いつ聴いても、胸が熱くなります!

投稿: 蘭 | 2009.09.02 22:38

蘭さん、コメントありがとうございます。
十年一昔なんて言ったりしますが、20年ですもんね。
子供だったら間もなく成人式…うーむ、年を取るわけだ(^^;)

投稿: 山口道明 | 2009.09.03 01:03

ユニバースも非常に良い曲なんだけど
自分の中ではやっぱり大星夜が今も一番輝いております。
富山で仲間達と演奏させてもらったのが良い想い出です。

投稿: Qぽん | 2009.09.10 19:48

僕もよく覚えています。
それにしてもその人が作った曲以外は何にも知らないと
言っていい者同士が県外からやって来たり、
或いははるばる会いに出かけたりと、
私たちは実に愉快な事をやってましたよね。
ああいうオフってその後の世代の人達もどこかで
やってるんでしょうか…。

投稿: 山口道明 | 2009.09.11 03:46

何らかのネット上の共同体のメンバーで
実際に顔を合わせるというのは今もあるんでしょうが
うちらはクリエーター、プレイヤーというカテゴリーだったし
一緒に曲を作ったり演奏したりという集まりは
めったに無いかもしれませんね。

投稿: Qぽん | 2009.09.11 18:36

お久しぶりです、さかもとです~。
いやまじ久しぶり、20年もなるんですネ~。
ちょくちょく引っ張り出して来ては聴いてるので、そんな気してなかった。
今、会社のパソコンなので家に帰ってからゆっくり聞かせてもらいます、それにしても毎回いい写真あててますね。
あ、この曲のタイトルは NECのPC-9801のフォントに似たやつ使ってほしかったな~(笑)

投稿: さかもと | 2009.09.14 10:17

さかもとさん、こんばんは。お久しぶりです。
そうなんですよ。20年です。
98似のフォントって…完全にマニア向けですね(笑)
それにしても僕なんかは "98" と聞くと、真っ先に
NEC PC-9801を思い浮かべるのですが、今ではこういう
人は圧倒的少数派になってしまっているようですね。
まぁ、当たり前と言えば当たり前なんですけど。

「以前は98で打ち込みやってたんですよ」
「へー、そうなんですか!」

みたいな会話になる事が時折あるんですが、その後会話を
進めていくと、相手が思っていたのは、
"Windows 98"だったという事が何度かありました。
もちろん「98ってなんですか?」という事も少なくないです。
そのままで通じることはまれな事になりました。

同様に「ドスってなに?」というケースもありますが、
こちらは一応DOS窓として今も残ってるので、
98の場合とは若干異なりますね。

投稿: 山口道明 | 2009.09.14 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20215/46031815

この記事へのトラックバック一覧です: 今は昔:

« ふーん | トップページ | 明日は明日の風が吹く »